コンパクトPCケースの救世主!Thermalright SS135レビュー!

出典:thermalright公式

PCパーツの中でも、CPUクーラーは重要な役割を果たします。CPUの温度を下げることで、パフォーマンスや安定性を向上させることができます。

しかし、CPUクーラーにはサイズや形状によって、対応できるPCケースが限られるという問題があります。

特に、スリムなMicro ATX対応のPCケースでは、高さ150mm以下のクーラーしか入らないことが多いです。

そんなときにおすすめなのが、Thermalright Silver Soul 135(SS135)というCPUクーラー。

ということで、この記事では、このクーラーの特徴や性能、メリットやデメリットなどを詳しくレビューしていきます。

スポンサーリンク

スリムなMicro ATX対応PCケースでは高さ150mm以下のクーラーが入らないことも(AK400や虎徹Mark3が使えない)

CPUクーラーは、大きく分けて空冷と水冷の2種類があります。

空冷は、ファンとヒートシンクで構成されており、空気の流れでCPUの熱を放出します。水冷は、液体を循環させてCPUの熱を冷却します。

空冷は、水冷に比べて安価で簡単に取り付けられるというメリットがありますが、その分、音が大きかったり、サイズが大きくなりがちです。

例えば、人気の高いAK400や虎徹Mark3は、高さが155mmと154mmです。これらのクーラーは、一般的なPCケースなら問題ありません。

ですが、Micro ATX対応でもスリムなPCケースでは入らないことがあります。

スリムなPCケースを選ぶ理由は、省スペースやデザイン性など様々ですが、その代償として、CPUクーラーの選択肢が狭まるというデメリットがあります。

高さ135mmでデュアルタワーなThermalright Silver Soul 135がおすすめ

そこで、スリムなMicro ATX対応のPCケースにも対応できる、高性能な空冷クーラーとして、Thermalright Silver Soul 135がおすすめです。

このクーラーは、高さが135mmと、デュアルタワーの中ではコンパクト。しかし、そのサイズに見合わないほどの冷却性能を持っています。

その秘密は、以下の3つのポイントにあります。

ヒートパイプの数と配置

Thermalright Silver Soul 135は、ヒートパイプと呼ばれる、CPUの熱をヒートシンクに伝えるパイプが複数あります。これは、AK400や虎徹Mark3と同じです。

しかしThermalright Silver Soul 135は、ヒートパイプの配置に工夫があります。

通常、ヒートパイプは、CPUの上に直接乗せるベースプレートから、ヒートシンクの両端に向かって伸びています。

しかし、Thermalright Silver Soul 135は、ヒートパイプの一部を曲げて、ヒートシンクの中央にも伸ばしています。

これにより、ヒートシンクの全体に熱が均等に分散されることになります。また、ヒートパイプの間隔も広くとっており、空気の流れを妨げないようにしています。

ヒートシンクの形状と素材

Thermalright Silver Soul 135は、ヒートシンクの形状と素材にもこだわっています。

AK400や虎徹Mark3はヒートシンクが1つですが、SS135は2つのヒートシンクがファンの両サイドにあります。

また、ファンをもう一つ取り付けることで、更に冷却性能を高める事もできますね。

ファンの性能と静音性

Thermalright Silver Soul 135は、ファンの性能と静音性にも優れています。このクーラーには、120mmのファンが付属しています。

このファンはPWM制御に対応しており、当然ですがCPUの負荷に応じて回転数を自動調整します。最大で約1800rpmまで回転し、最大で82CFMの風量を発生します。

これは、AK400や虎徹Mark3のファンよりも高いです。

また、このファンは、特殊なゴム製のマウントでクーラーに固定されており、振動や騒音を抑えます。

さらにファンのブレードには、空気の乱流を減らすための溝がついており、ファンの静音性が向上します。

まとめ

Thermalright Silver Soul 135は、高さ135mmでデュアルタワーの空冷クーラー。

スリムなMicro ATX対応のPCケースにも対応できるコンパクトさと、高い冷却性能と静音性を兼ね備えています。

ヒートパイプの数と配置、ヒートシンクの形状と素材、ファンの性能と静音性など、細部にまでこだわった設計が魅力です。

コンパクトなPCケースを使いたいけど、CPUクーラーの性能に妥協したくないという方には、ぜひおすすめしたい製品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました